神は死んでいない

神は死んでいない 「神は死んだ」(Gott ist tot, God is dead)と語ったフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェが亡くなったのは西暦1900年、奇しくも19世紀最後の年だ。 このころはまだ、大衆レベルでは人類は神の存在を信じていた。欧米に限らず、日本のような仏教や八百万の神々が宗教的なものを形づくっていた国でも、庶民レベルでは「なむあみだぶつ」といった言葉を普通に唱えるものだった。...

Read More