作者別: inspired

デフォルトの危機にあるベネズエラ

国家の歳入を原油輸出に依存しているベネズエラで、デフォルトの危機が進行している。
インフレは年率100パーセントを超えていると見られる。
通過ボリバルの価値は1年間で9分の1になった。
今後1年以内にベネズエラがデフォルトに陥る確率は63パーセントとされる。

Read More

ヒラリー・クリントン、クッキー・アンド・ティー

今では女性が外で仕事をするのは普通になった。
しかし、1992年に辣腕弁護士ヒラリー・クリントンがアメリカ合衆国のファーストレディーになった当時は、専業主婦対ワーキングウーマンの激しいバトルがあった。
そのしこりは今も残る。
20年経った今、生活に困るからちょっとは外で仕事してきてほしいけど、家庭では優しい奥さんと母親の役割も果たしてほしいというのが、男のささやかな願いではないか。

Read More

ヒラリー・クリントン、最後の挑戦

ファーストレディーから大統領へ。
抜群の知名度を誇るヒラリー・クリントンは、自らが将来大統領になることを展望しながら、ファーストレディーとして2000年のニューヨーク州上院議員選挙を戦った。
2008年の大統領選挙では、当初は有利と見なされながらも、バラク・オバマに僅差で民主党大統領候補の座を奪われた。
国務長官として4年間の実績を積んだヒラリーは、2016年大統領選挙に最後の挑戦をする。

Read More

世紀の大偽証モニカ・ルインスキー事件

女は男の甲斐性だとはいわれる。
しかし、秘書や受付もいるオフィスの個室で若い女の子に手を出すのはやめた方がいい。見つかったら、あとで処理に困る。
現役のアメリカ大統領ビル・クリントンは、あろうことか、世界の権力の頂点、ホワイトハウスのオーバルオフィスで、22歳の女の子に楽しいことをしてもらった。
法律家クリントンは言葉の定義を弄んだけれど、自ら葉巻を突っ込んで楽しんだら、アウトじゃないか?

Read More

アメリカを立て直した男ビル・クリントン

衰退の瀬戸際にあったアメリカを復活させた男、ビル・クリントン。
アメリカ1の貧乏州アーカンソーの知事職から、アメリカといわず、世界の大統領の座に昇りつめた。
まさしくアメリカンドリーム。
アメリカは唯一の圧倒的スーパーパワーとして世界に君臨した。

Read More

Pin It on Pinterest