レンブラント「復活のキリスト」

11枚目は光と影の画家レンブラントによる「復活のキリスト」。

聖書の引用箇所は、疑い深いトマスへの言葉。

信じない者ではなく、信じる者になりなさい。
ヨハネによる福音書 20:27

The Resurrection of Christ, Rembrandt

Stop doubting and believe.
(John 21:26)

レンブラント「放蕩息子の帰還」

12枚目は同じくレンブラントによる「放蕩息子の帰還」。

常識ではよく理解できないが、クリスチャンにはよく理解できるお話。

食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。
ルカによる福音書 15:23,24

The Return of the Prodigal Son, Rembrandt

Let’s have a feast and celebrate. For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.
(Luke 15:23,24)

13枚目 ミレー「種をまく人」

13枚目はミレーの「種をまく人」。

岩波書店のマークになっている「種をまく人」とは少し構図の違う作品。

また、ほかの種は良い土地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。
ルカによる福音書 8:8

The Sower, Jean-Francois Millet

Still other seed fell on good soil. It came up and yielded a crop, a hundred times more than was sworn.
(Luke 8:8)

ブラウン「弟子の足を洗うキリスト」

14枚目は「弟子の足を洗うキリスト」。ブラウンによる。

「弟子の足を洗う」が普通の言い回しかもしれないが、絵画の英語タイトルの直訳は「ペテロの足を洗う」になる。

ペトロは、「主よ、あなたが私の足を洗ってくださるのですか」と言った。
ヨハネによる福音書 13:6

Jesus Washing Peter’s Feet, Ford Madox Brown

He came to Simon Peter, who said to him, “Lord, are you going to wash my feet?”
(John 13:6)

ウーデ「その子らを我に来させよ」

15枚目はウーデ作「その子らを我に来させよ」。

子供たちを私のところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。
マルコによる福音書 10:14

Let the children come to me, Fritz von Uhde

Let the little children come to me, and do not hinder them, for the kingdom of God belongs to such as these.
(Mark 10:14)

アルマ-タデマ「モーセの救出」

16枚目はアルマ・タデマ作「モーセの救出」。

『アートカードブック』では絵画のタイトルが「モーセの救出」になっているが、「モーセの発見」(ないし「モーゼの発見」)とされることが多い。

王女は彼をモーセと名付けて言った。「水の中からわたしが引き上げた(マーシャー)のですから。」
出エジプト記 2:10

The Finding of Moses, Lawrence Alma-Tadema

Let the children come to me, Fritz von Uhde

She named him Moses, saying, “I drew him out of the water.”
(Exodus 2:10)