高級キーボードの双璧は東プレのREALFORCE(リアルフォース)シリーズとFILCOのMajestouch(マジェスタッチ)シリーズになります。

どちらも価格は1万円以上して、日常用途でパソコンを使っているだけの人には高すぎるかもしれませんが、業務上で使用する方など、効率を追求する人には必須のアイテムだと思います。

今回、REALFORCE製品とMajestouch製品を直接比較する機会があったので、将来の自分自身のためのメモの意味も含めて、商品レビューをしておきます。

わたしが最初にいわゆる高級キーボードを購入したのは、2年前でした。それまではさすがに1万円超のキーボードは高すぎると思っていました。

マウスは1万円程度のものを使用していましたが、キーボードはそこまでかける必要はないと思っていました。

マウスはこれがお勧め。

当時使用していたのは、購入したHPのパソコン、TouchSmart 520PCに初めから付属していたキーボードでした。市販パソコンのキーボードとしては、低級レベルではないとは感じていました。

1度確認したときは、そのキーボード単体での価格は4,000円~5,000円だったと思います。それが実売価格だったかどうかはよく憶えていませんし、そもそも実際に販売しているわけではなかったかもしれません。ただ、単にパソコンを使用する一般の方が利用しているであろう、パソコン付属のキーボードや、単体で購入するキーボードよりは高い価格になっていました。

そういう状況だったのですが、2年前に、能率の問題を考慮して、一念発起して高級キーボードに手を出してみました。

現状では、マニアかよっぽど専門の職業用途の方でもなければ、そのクラスのキーボードは、東プレのREALFORCE(リアルフォース)シリーズかFILCOのMajestouch(マジェスタッチ)シリーズになります。日本語使用できる、テンキー付きの通常型キーボードではこの2種しかないように思いました。

PFUのHappy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)というのがあって、日本人が発明した素晴らしいキーボードという話のですが、テンキーもないし、ファンクションキーもないし、普通にパソコンを使いたい人には随分と不便な、変わったキーボードのように思えたので、初めから対象外にしました。

結局このときは、あまりよくわからないまま、REALFORCEの方に軍配をあげました。

パソコンショップに出かけて直接自分で比較するまでの面倒なことはしなかったので、Amazonでのレビューなど、もっぱらウェブ上の情報だけで比較検討しました。

購入商品は、東プレ REALFORCE 108UBK / 変荷重キーボード / 静電容量無接点 / 108キー / USB SJ08B0 で、当時は16,000円ほどで購入しています。本記事作成の2017年8月時点では、18,000円ほどになっています。

REALFORCEシリーズは、メーカーの説明では、以下のようになっています。

キーボード(REALFORCE)

静電容量無接点方式を採用、疲れにくく耐久性に富む。

人間工学を考慮した東プレのキーボードは、入力時の静かさや抜群のキータッチ感を実現。また、長時間の使用でも疲れにくく耐久性にも優れているため、金融機関の業務用、計算センターでのデータ入力用、流通、交通、医療、放送機器向けなどの各種入力専用機として、さまざまなお客様にご利用いただいております。
REALFORCEシリーズのキーボードには、OEM生産で高い評価を得ている業務用キーボードと同じ静電容量無接点方式が採用されています。

メーカーの説明では、荷重つまり「キーを押す重さ」が軽いほど、指への負担が少なく疲れにくくなるとのことです。REALFORCEシリーズは45gを基準にして、30gのものもあるし、私が購入した時期には、もっと重い荷重のキーボードも販売されていると記載されていたように思います。

現状では、メーカーサイトの記載はこうなっています。

主要部が45gで小指入力するキーの一部は30gになっています。
(Sは全キー30gです。)

初めて購入するときにはよくわからなかったので、メーカーが推奨しているようなので、「変荷重」というタイプの製品にしました。これはすべてのキーが同じ過重なのではなく、キーボードの主要部のキーは45gにして、端の方の小指で打つようなキーは30gなどの軽い荷重にするという設定になっているようです。その方が打ちやすいようです。なお、私が購入した製品は、キーの荷重は30g、45g、55gの組み合わせになっているようです。

実際に使ってみた印象としては、キーの感覚が私には重かったですね。全般的に押し込みにくく、キーを押すのに若干力がいるかな、という感じでした。

「こんなキーボード、1万5千円以上する価値があるのだろうか?」と思ってしまったのが実際です。

しかし、今回そのキーボードが壊れてしまって、新たなキーボードを購入するまでの間、数日間かつてのHPパソコン付属のキーボードを使用していたのですが、「なんて打ちにくいんだ!」という思いでした。まったく感覚が違います。それに、キー入力のスピードも遅くなります。「これはやっぱりもう、安いキーボードには戻れない」というのが現実でした。その程度には価値があります。

REALFORCE製品のマイナス点

「ちょっとキーが固いかな」という程度で、全般的には問題なく利用していたのですが、若干気になった点はありました。

キートップの上面には「T」とか「Y」といったアルファベットが記載されていますが(「か」「ん」などの日本語表記はありませんでした)、使用開始後数か月で、この文字が消えかけていきました。2年は十分持ちましたけれど、一時は焦りました。

無線キーボードではなく、有線キーボードになるので、パソコンとつなぐケーブルが若干邪魔かな、とは思いました。ですけど、これは問題なかったと思います。無線でないことも、自宅の据付型パソコンで使用している限り、問題ないことはわかりました。

しかし、最大の問題点は2年持たなかったことです。

購入後1年9か月前後経過した時期に、Enterキーだけ何か調子がおかしくなりました。キーを押しても、反応しなくなっていきました。

キートップを外して掃除をしたり、ちょっと工夫をしたりして騙しだまし使っていましたが、1年11か月の時点でついに全く反応しなくなりました。

Amazonのレビューで「8年持つ」とかと書かれていて、それを信じて高額のキーボードを購入したのに、ものすごく悲しい思いになりました。

1日の使用時間の問題とか、キー入力の押しの荒さの問題とか、いろいろあるのかもしれませんが、これはショックでした。けれど、2年ぐらいが寿命というのもあり得るのでしょうね。

メーカーに問い合わせたら、メーカーサイトに記載されていたとおり、「水分絡みの不具合でなければ」通常のオーバーフォールで直るだろうとのことで、料金は8,000円(税抜)でした。

それでも新品購入よりは安いから、あり得たのですが、今回は別の高級キーボードも試すという観点から、修理はやめておきました。

なお、今回はEnterキーが反応しなくなっていたのですが、じっくりと確認すると、Spaceキーも押した感覚はスカスカになっていました。単純に、よく使用するキーが早く壊れたというだけのことだと思われます。

そして、今回はFILCOのMajestouchシリーズのキーボードを購入しました。

Majestouch Convertible 2 赤軸・日本語モデル(ブラック) FKBC108MRL/JB2 という製品にしました。Amazonで12,000円程度です。

Majestouchシリーズの場合、キーの荷重によって、赤軸、茶軸、青軸、黒軸の4系統に分かれています。

MX赤軸 クリック感:なし/押下圧:約45g ±15g
キーを押し下げるほどスイッチが重くなっていくリニアストロークタイプ。滑らかな軽いキータッチでさくさく入力できます。静かにタイピングしたい方にも人気のスイッチです。

★こんな方に…長時間入力される方、軽いキータッチがお好みの方

MX茶軸 クリック感:あり/押下圧:約45g ±20g
接点部にごくわずかにソフトな感触があるタクタイルタイプ。軽快な入力感が楽しめます。スタンダードなタイプなので初心者から上級者まで幅広い層に人気のあるスイッチです。

★こんな方に…メカニカルキーボード初心者

MX青軸 クリック感:あり/押下圧:約50g ±15g
接点部にはっきりとした感触があり、カチッと高い音がなるため、メカニカルらしい爽快な入力が実感できます。特にゲームユーザーに人気の高いスイッチです。

★こんな方に…ゲームユーザー、明確な入力感が欲しい方

MX黒軸 クリック感:なし/押下圧:約60g ±20g
赤軸と同様クリック感のないリニアストロークタイプ。重いバネ圧を利用した高い反発力が指に心地よく、キーの戻りも速いので高速で長文を入力する方やゲーミングにもオススメです。

★こんな方に…文字入力の多い方、ゲームユーザー

赤軸が1番軽そうなので、赤軸にしました。

Majestouch Convertible 2製品の利点

Majestouchの赤軸キーボードは、これまで使用していたREALFORCEの変荷重キーボードよりも、ずいぶんと軽く感じます。これだと入力しやすいと感じています。

Amazonのレビューでは、Majestouch製品はREALFORCE製品よりも音がうるさいと指摘されていたのですが、確かに若干音は大きくなったのですが、私は自分の部屋で1人で使用しているので、特に問題ありませんでした。部屋の外には音は漏れていないと思います。ただし、赤軸は静音の方ですが、他の色軸製品はもっとうるさいとのことです。

このキーボードは、動力を電池にして、無線キーボードにすることは可能ですが、電池切れの方が面倒くさそうなので、有線でパソコンに接続して使用しています。

それから、その製品でいたく感動したのが、「4台のPC・デバイスとペアリング可能」という機能です。

私は有線でメインのパソコンに接続しており、普段はキーボードをそのパソコンへの入力用に使用していますが、簡単な切り替えで、別のパソコンやタブレット、スマートフォンへの入力も行えます。

私は持ち運びが可能な1kg程度のモバイルパソコンを使用していて、普段はメインのパソコンの隣に置いているのですが、このクラスのパソコンは付属キーボードでの入力がしにくいものです。それが、Majestouch Convertible 2製品では、簡単な切り替えで、そちらのパソコンにも入力できます。これは使い勝手がよいと思いました。

スマートフォンも、女の子でもあるまいしあんな入力しにくいデバイスはないと思っていたのですが、キーボードで直接入力できます。機会はそれほどありませけど、とにかく便利です。